仕事で忙しいママ パパのための、夕食の時短術

未分類

こんにちわ。二児のパパの ゆう です。

世の中のシングルのママさんやパパさんは子供たちのご飯をどうしていますか?
自分のご飯だけなら適当に作りますが、子供たちのご飯はちゃんとしてあげたいですよね

でも、仕事があると作る時間も無く、毎日の献立を考えるのも大変です。

土日に材料を買って作り置きしたり、仕事終わりに材料買って作ったり、とご飯を用意するのって結構大変ですよね。

子育て、家事、仕事で時間が無い中で、時間を節約したい!や手を抜きたい!と思っても、子供のことを考えると適当にできないと思います。
私も、手を抜きすぎず、子供たちの栄養が偏らないように、時短できないか色々やって、今は以下のやり方で落ち着いています。

簡単な料理

私はほぼ完全在宅ワークなので、休み時間が取れれば、その時間で作っちゃいます。

作ると言っても、煮込むだけの簡単なご飯ばかりです。
野菜を向いたり切ったりして、火をかけておいて、その間仕事をするって感じでほったらかし料理ばかりです。
圧力鍋をお持ちでしたら、肉じゃがや大根の煮付けやカレーなど、材料を切って下処理せずにそのまま調味料と一緒に鍋に入れて30分ほど煮込めば、野菜やお肉がとても柔らかくできますよ。

よく使っているレシピの少しを紹介しますね。(他の方が考えたレシピです)

●じゃがバタの煮っ転がし
Human Verification
フライパン1つで作れてとても簡単です。 ニンニクのみじん切りは面倒なので、私はニンニクチューブ(こちら)で代用しています。
●肉じゃが
LINE BLOGサービス終了のお知らせ
材料切って、煮込むだけなので、とても簡単です。
●チキンのトマト煮込み
柔らかくてジューシー! 基本のチキンのトマト煮のレシピ動画・作り方 | DELISH KITCHEN
しっかり煮込んで旨味がたっぷりな基本のチキンのトマト煮をご紹介♪ごろっと大きめの鶏肉に、トマトの酸味とにんにくの香りが相性抜群です♪トマト缶を使って簡単に、じっくり煮ることでトマトの酸味を抑えることができます♪
私は、鶏肉の代わりに豚のバラ肉や、レンジでチン(600Wで6分)したジャガイモやニンジンと、ブロッコリーを入れて煮込んでいます。 はちみつを入れると、子供達はとても美味しく食べてくれます。

あと、今は使っていませんが、昔はコープ(生協)という食材宅配サービスを使っていました。(昔住んでいた家からスーパーが遠かったので。。。)

このサービスは、1回/週に、事前に申し込んでいた食材や日用雑貨を家まで運んでくれるので、買いに行く時間が省けてとても便利でした。重い荷物も持たなくてですしね。

不在でも家の前に配達物を置いてくれるので便利ですし、配達料も200円ぐらいで食材の費用もスーパ並みなので、とてもコスパが良いです。

ご飯は作ってあげたいけど、買いに行く時間を無くしたいママさん/パパさんはコープ(生協)を使うのが良いと思います。

レシピありの食材宅配を利用

毎日違う献立を考えられるママさんパパさんは本当に尊敬します。

私は料理のレパートリが少ないので、「Delish Kitchen」や「クックパッド」を見て決めるのですが、それでも献立を考えるのは結構骨が折れます。
朝から「今日の晩ご飯何にしょう?」と夜のことを考えるのは、ちょっぴり憂鬱ですよね。。

そう思っていたら、とっても便利な食材宅配のサービスがありました。
それが、『Oisix(オイシックス)』 です。

この『Oisix(オイシックス)』 は、自分の好きな料理を選ぶと、後日その料理の材料とレシピが届き、自分で作れるというサービスです。

しかも、レシピは全然難しくなく、野菜の皮をむけて切ることができれば、誰でも簡単に作れる内容になっています。
なので、すぐに作れるという手軽さ。

さらに、子供に食べさせれる食材のみを提供してくれるので、ほんと安心です。

難点は、少しお値段が高い気がします。
感覚的には、自分でスーパーで買って作る時にかかる費用の1割~3割ぐらい高い感じですね。

私は2回/週の頻度で『Oisix(オイシックス)』 を利用しています。

ちなみに、子供たちは「Oisix(オイシックス)」で作ったご飯が美味しいと言ってよく食べてくれます。
私が1から作ったご飯より美味しいみたいで、ちょっと悲しいですが。。。
美味しくご飯を食べてくれるので、良いですが(笑)



冷凍食品を活用

作る時間が無い時や、仕事や家事やその他のことでエネルギーを使いまくって作る気力がない時って、必ずありますよね。

私も結構あります。

そういう時は、冷凍食品をレンジでチンとして子供たちにあげています。

「え?冷凍食品??大丈夫?」って心配になりましたか?
大丈夫です。

パスタやドリアなどの一種類だけの冷凍食品だけにはせずに、冷凍食材+冷凍食品冷凍食材+レトルト食品というように組み合わせて作っています。(作っているとは言えませんが。。)

具体的には、冷凍カボチャと冷凍ドリアをレンジでチンして、ドリアの上に潰したカボチャを載せると甘いドリアが完成!
という感じで、以下のような組み合わせで即席でご飯を仕上げてます。

冷凍パスタ   +冷凍野菜ミックス        = 野菜パスタ
・レトルトのカレー+冷凍野菜ミックス     = 野菜カレー
・冷凍焼き鳥   +ご飯+温泉卵(コンビニ)= 親子丼風どんぶり

冷凍食品一種類だと、栄養が偏りますが、他のレトルトや冷凍食材を合わせることで、栄養の偏りを減らすことができます。
私は、冷凍コーン冷凍みじん切り玉ねぎ冷凍ブロッコリー冷凍野菜ミックスはほんとよく使っています。

ちょっと話はそれますが、冷凍みじん切り玉ねぎは、ほんと何でも使えます。
炒めたらすぐに茶色になり、甘くなるので、味噌汁やハンバーグ、スープ、パスタソースなど自炊の時も大活躍してくれます。

こんな感じで冷凍食品を使って、パパッとご飯を作ってみるのも良いと思います。

最後に

もしかしたら、とても忙しいママさんやパパさんの中には、子供たちへのご飯をレトルトや出前で済ませて、「ちゃんと作ってあげれなくてゴメンね」と思っている方がいるかもしれません。

私は、ちゃんと子供が身体も心も健康に育っているのであれば、レトルトや出前で済ませるのも良いと思います。

無理に料理を作って、ママさんパパさんの心労がたたり倒れたり、イライラしてしまうと、一番悲しむのは子供達だと思います。
なので、手を抜けるところは手を抜いて、ママさんパパさんの心にゆとりが持つようにしてください。
一番大事なことは、「手料理を食べさせる」ことでは無く、子供が幸せに成長することなので、そのために要な手抜きはどんどんすべきだと思います。

そして、開いた時間は子供たちと一緒に遊んであげてください。

ここで私が書いた内容が少しでも役に立ち、ママさんパパさんの心にゆとりできれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました