子育て&仕事で忙しいパパの睡眠不足解消方法

未分類

どうもこんにちわ。二児のパパのゆうです。

このページでは、私が実践している睡眠の質を向上させる方法をご紹介します。
睡眠時間が少ない人や、あまり寝た気にならない人、朝起きるのが辛い人の参考になれば嬉しいです。

手っ取り早く方法を見たい方は目次の「2. 睡眠の質を向上させるために実践したこと」から読んでください。

はじめに

ひと昔前の私は、カフェインを接種しないと仕事ができないほど、睡魔と闘う毎日でした。
1日に飲むコーヒは、1Lほど。
コーヒーとフリスクを一緒に食べると、とても不味くて、一気に目が覚めますよ!(慣れたら癖になりますw)
半年で食べたフリスクの量w

子供が生まれて、仕事と育児と家事をワンオペでやっていると、どうしても時間が足りず、寝る時間を削ると仕事の生産性も落ち、子供にもイライラしてしまいます。
睡眠が足りないと、脳内に有害なタンパク質(アミロイドβなど)がたまり、将来アルツハイマーになる確率が上がるとか。。。

なので、自分の睡眠時間を増やすことはできなくても、質をあげようと次章の内容を1年間実践したら、結構、ここ1年はフリスクを食べなくても眠たくならなくなりました。
(この1年フリスクを食べたことがありません)

睡眠の質を向上させるために実践したこと

睡眠の質を向上させるための一番良い方法は、睡眠時間を増やすことです。
ただ、「そんな事は分かっているが、忙しくてそんなことできない」ですよね。

増やせなければ、短い時間の中でより良い睡眠を取れるようにするしかありません。
私は、以下を実施して、昼間眠たくなることはなく、仕事に集中でき、子供に対しても余裕を持って接することができるようになりました。

  • 寝る前に瞑想をする
  • 寝る前に体を温める
  • サプリを飲む

ただし、注意点があります。上記は、今の睡眠時間をより短くできるものではありません。
上記を実践しても睡眠の質の向上につながらない場合は、別のやり方をするか、そもそも睡眠時間が足りなさすぎるので、睡眠時間を増やすことをお勧めします。

ちなみに、私は平均5時間ぐらいの睡眠時間をとっています。

寝る前に瞑想をする

瞑想?瞑想して夢が叶うやつ??スピリチュアル的なやつだよね???って思いましたか?

全然違いますw

瞑想は、自分の意識を一つに集中させることで、頭の中のごちゃごちゃを無くしリラックスさせるための手段です。
このリラックスが睡眠に繋がります。

仕事のことや、子供のことや、将来の不安など、寝る前にいろいろ雑念が入り悶々として、なかなか寝付けない時などには瞑想して頭をリフレッシュさせてあげると、断然寝つきが良くなり、睡眠の質は向上します。

瞑想のやり方

瞑想で大事なことは、自分の意識を一つに向けることです。

人間って、何も考えないことを維持するのって結構難しいんですよ。
一回やってみてください。多分、いろいろ考えている自分に気づくと思います。
そのいろいろ考えるだけで、脳はエネルギーを使い、疲れていきます。

意識を一つに向ける私のやり方は以下の通りです。

  • ゆっくり息を吸う。この時、心の中で「スー」っと唱える
  • ゆっくり息を吐く。この時、心の中で「ハー」っと唱える

これだけです。これを15分ほど続けてください。

ただし、他のことは考えないように。呼吸と「スー」「ハー」だけに集中してください。
他のことに意識がいった場合は、また、呼吸と「スー」「ハー」に意識を向ける。

多分何回も別のことを考えちゃいますが、その都度、呼吸と「スー」「ハー」に意識を向けてもらえれば大丈夫です。

15分のタイマーは携帯や時計のアラーム機能を使いましょう。
時計を見るなどで、自分で時間を意識してしまうと、意識が時計や時間に向いてしまい、意味がないですからね。

もっと詳しく瞑想のやり方や仕組みが知りたい方は、「世界のエリートがやっている 最高の休息法」を読むことをお勧めします。

寝る前に体を温める

人間って、温まった体の温度が下がる時に、眠気を感じるようです。
昔から、寝る前にホットミルクを飲めば良いと言いますが、これは、ホットミルクで温まった体の温度が徐々に下がる時に眠たく感じるみたいですよ。

私は、寝る前の30分ぐらいにシャワーを浴び、体を温めてから、本を読んだり瞑想したりして布団に入って寝ます。
シャワーを浴びると、その時は目が覚めますが、していると、徐々に体温

シャワーやお風呂は朝方の人は、暖かいモノを飲むのも良いと思います。
ただし、コーヒや紅茶、緑茶のようなカフェインが入っているものは飲んではいけません。
麦茶やルイボスティーやスポーツドリンクをレンジで温めて飲むことをお勧めします。

サプリを飲む

最後は、お金がかかってしまいますが、かなり効果があると思います。

私がよく寝れるようになったのは、『北の大地の夢しずく』 というサプリです。
他にも睡眠サプリがありますが、私がこのサプリを選んだ理由は、以下の通りです。

  • 毎日飲めて、飽きないから
  • 睡眠の効き目を、科学的に説明されているから
  • 安心安全な商品と思うから

それぞれについて説明します。

毎日飲めて、飽きないから

サプリは1日だけ飲むよりも毎日飲んだ方が効き目があると言います。
毎日飲むためには、味がついていない方が良いです。
不味いと毎日飲むのは苦痛ですし、どんなに美味しくても必ず飽きてしまうからです。

そのため、粉末系やドリンク系は避けて、錠剤系のサプリにすることにしました。

そこで、私はこの『北の大地の夢しずく』 を選ぶことにしました。
錠剤なので味もしませんし、とても小さいので毎日飲むのは全然苦労しません
飲むことを習慣にしやすいので、とてもお勧めです。

ただし、錠剤が小さいといっても、もともと錠剤を飲むのが苦手な方は、他のサプリを選んだ方が良いと思います。
苦痛を伴って飲むのは、習慣化にし難いと思いますので。



睡眠の効き目があると思うから

この『北の大地の夢しずく』 には、幸せホルモンと言われる「セロトニン」と、質の良い眠りに必要な「メラトニン」を増加させる成分が含まれています。

セロトニン」といえば、精神を安定にさせるために不可欠な脳内物質で、これがドバドバ出てくれればすぐに寝付けて質の高い睡眠が期待できますよね。
よく「寝る前にカフェインを飲むと、寝にくくなったり途中で起きたりする」と言われますが、これはカフェインを飲んで脳が興奮するからです。このことからでも、脳を興奮にさせるのではなく平穏にさえる「セロトニン」が、質の高い睡眠に必要な理由が分かります。

メラニン」は睡眠作用があるホルモンです。
もともと人間の体内で生成されるホルモンですが、欧米だと睡眠薬としてドラッグストアなどで販売されている物質です。ただ日本では買えないです。。

この睡眠の質の向上にとても重要になってくるの「セロトニン」と「メラニン」を増加させれる成分が入っている『北の大地の夢しずく』 がどれだけ睡眠に良いかが分かるかと思います。



安心安全な商品と思うから

この『北の大地の夢しずく』 は「機能性表示食品」ということで、国の行政機関である消費者庁に届け出を出しています。

消費者庁のホームページを見ていただくと分かりますが、「機能性表示商品」として謳うためには、国の定めた一定のルールに基づいた安全性や機能性に関して評価を事業者が行う必要があります。

つまり、安全性(食べても大丈夫機能性(睡眠に良い)が科学的に評価されて、お国に報告しているということです。

ちゃんと効き目がある!健康に害を与えない!ということを、科学的観点から評価されて、国という第三者に報告しているので、安心ですよね。

ただし、ちゃんと科学的観点で評価されているということは、1日に接種する量はちゃんと守らないと期待する効果(睡眠改善)が得にくいということなので、決められた量を飲むようにしましょう!

お値段ですが、1ヶ月の量で約4000円(税込み)となっています。
つまり1日 約133円ですね。缶ジュース1個分の値段で、質の良い睡眠が手に入ると考えれば、とてもコスパが良いサプリとですよね!

瞑想や体を温めるだけでも、十分質の高い睡眠は取れますが、毎日続けるって結構大変です。
子供の寝付きが悪いや、仕事でトラブって夜遅くまで作業をするなど、日々の生活ではイレギュラーは常に起こり、せっかく身につけた週間って結構簡単に崩されてしまいます。

そんな中で、サプリを飲むという手軽さで、質の高い睡眠が取れるのはとても良いことだと思います。
毎日決まったルーティンをこなす自信がない場合は、缶ジュース1個分の費用で良い睡眠を手に入れましょう!



コメント

タイトルとURLをコピーしました