絶対子供に習わせたい頭が良くなる習い事、厳選2選!!

未分類

こんにちわ。二児のパパの ゆう です。

子供の将来を思うと、早くから何かを習わせた方が良いのでは?と思い、いろいろ習い事をさせてたくなりますよね。

ただ習い事を多くやらせると、子供がお友達と遊ぶ時間も無くなったり、子供が疲弊したり、それに家計を圧迫したり、デミリットがあるので、習い事は厳選してあげたいものです。

ここでは、子供たちの将来のためになる、習い事2選について記載していこうと思います。
個人的には、この2つのうち1つを習わせて続けさせれれば、他の習い事はいらないかなと思っています。

子供たちの将来のためになるとは?

まず、ママさんパパさんはなぜ子供たちに習い事をさせたいですか?
将来プロゴルフファを目指すために?英語を堪能になってほしいから?

私は、スキルをつけるためでは無く、子供たちが大人になって自分で一人で生きていいける力をちょっとでも育てればと思い、習い事をさせています。

ここでは、スキル向上では無く、以下が見込める習い事として、”音楽(ピアノなど)“と”そろばん“ご紹介します。

  • やり続ける/努力し続ける力の発育
  • 脳の発育(知能の向上)
  • 集中力の向上

音楽(ピアノなど)

一つ目は習い事でも人気のあるピアノなどの音楽です。
ピアノに限らず、ギターやフルートなど音色を奏でる楽器ならなんでもOKです。

イギリスの大学の研究で、10歳までに何か音楽を続けてきた子供の脳の神経細胞同志の結びつきが、他の子供よりも複雑で強くなると、発表されています。

どういうことかというと、音楽をしている子は、してない子よりも、思考力や記憶力がとても良いということです。
また、神経細胞同士の結びつきが強いとストレス耐性も向上すると言われているので、簡単にへこたれない子になってくれそうです。

楽器を奏でるということは、楽譜を目で見て理解して、指先や腕(または足)をリズムよく動かし、奏でた音色を耳で確認するということです。
つまり、脳全体をフル稼働させており、脳の成長にとても良いということです。

このように脳の成長にとても良い音楽ですが、他にも音楽を学ぶことで、鍛えられる3つのスキルについても紹介しておきます。

音楽で得られるスキル①:読解力の向上

海外の研究で、楽譜に書かれた音符の理解と、本の内容の読解力は同じ能力だと言われています。
つまり、楽譜の読み方を学ぶことがそのまま読解力を鍛えることにつながるということです。
国語の習い事はないですが、楽譜を読む楽器(ピアノなど)を習わすと、そのまま国語の成績アップにつながるということですね。

音楽で得られるスキル②:外国語取得スキルの向上

複数の研究によると、楽譜の読み方を習った子供は、外国語の成績が良かったという結果が出ていたり、楽器の演奏と外国語習得スキルには相関関係があるとされています。
先で述べた読解力の向上と、耳がよくなることによるリスニング能力の向上が、外国語取得スキル向上につながっているということですね。

音楽で得られるスキル①:数学能力が向上

大天才であるアインシュタインはヴァイオリンの腕前がプロ級だったと言います。
意外ですが、音楽と数学能力には相関関係があり、こちらも研究により、楽器演奏している子供は、そうでない子供よりも数学の成績が高いということが立証されています。

そろばん

そろばんと聞くと、計算が早くなるだけの習い事と思われるかもしれませんが、集中力、発想力、記憶力が向上する万能の習い事です。

そろばんをしている時は、左脳と右脳両方とも活性化することが、日本/アメリカ/ヨーロッパの研究で証明されています。

左脳は言語、計算、論理的な思考を行います。
右脳は発想、音楽、芸術、想像的な思考を行います。

左脳と右脳を共に活性化させ成長させるそろばんには、以下メリットがあります。

  • 発想力の向上
  • 記憶力の向上
  • 集中力の向上

そろばんのメリット①:発想力の向上

発想力の向上が、何が嬉しいことがあるでしょうか?
おそらく、高校卒業までは答えのある問題ばかりを解くので、あまり嬉しいことはないかもしれません。
ただ、大学、社会にでると、答えのある問題は少なく、いつも答えのわからない問題ばかりに出くわします。

たとえば、
「このお客様から受注をもらうためには、どうプレゼンしたら良いだろうか?」
「赤ちゃんの夜泣きが酷すぎて、睡眠不足で辛い。どうしたら楽になるだろうか?」
「あの好きな人に振り向いてもらうためには、どうしたら良いだろうか?」
とか、考えたら身近にも色々問題はあります。

このような問題を解決するためには、問題の解決方法を自分で見つける必要があります。
その見つけ方には、発想力が大きく関わってくきます。

私は会社員ですが、会社の中で仕事ができる人は、結構周りと違う方法や観点で問題を解決して出世していきます。
どうしたらそのような解決方法を見つけるのか、彼らの発想力にはいつも頭が上がりません。

職業に就いた後ほど、求められる発想力を強化できるそろばんは習っておいて損はないと思います。

・記憶力の向上

人間の右脳の記憶力は、左脳の数千倍以上といわれており、一度記憶した情報がなかなか消えずに残るようです。

歴史の年号などは試験後にはきれいに忘れてしまった経験はありませんか?
これは、左脳で記憶したからです。

ちなみに昔よく歌った歌は、10年以上たっても歌えたりしませんか?
これは、リズムと一緒に歌詞も右脳で記憶しているからです。

このように、リズムや情景や感情が含まれる記憶情報は、右脳で記憶されずっと覚えていることができます。

そろばんは、左脳と右脳を両方を活性化させると言いましたが、特に右脳の活性化にとても良い習い事です。
そろばんの級が上がると、暗算で計算をしていくのですが、この時、右脳で算盤をイメージして玉を弾いて計算をします。
このそろばんのイメージで計算をするトレーニングが、右脳の記憶力向上にとても役に立つと言われています。

記憶力が向上すれば、あらゆる分野で可能性が広がります。
大学試験や職に就いた後でも、記憶力はとても重要な能力になってきます。
子供のどのときでも、そろばんで培った記憶力は役に立つと思います。

そろばんのメリット③:集中力の向上

集中力は、前頭葉で発達で向上していきます。
前頭葉は、脳全体の統制を司っているところです。
前頭葉の指令が強いと、例えば耳や鼻から受けた情報に惑わされずに、目の前のタスクに専念することができます。

実は、この前頭葉は、指先を動かすことで刺激を受けて、発達することができます。

そろばんでは、指を正確に、しかも素早く動かすので、前頭葉にとって非常に良い刺激となります。

前頭葉が刺激を受けて発達すると、そろばん以外にも集中力が向上し、他の物事にも相乗効果が生まれると思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?

子供にとって、一番良いと思う習い事を2つに厳選しました。
私の子供にはピアノを習わせています。
(ちかくにそろばん教室がないため。。。)

もし、2つも習わすことが難しいという方は、私のお勧めはそろばんです。

理由は、上に書いたとおり脳の発育に良いことと、月謝が安いということです。
おそらく、どの地域のそろばん教室でも月額5,000円以内で通うことができると思います。

安くて子供の発育にも良いという、最強のコストパフォーマンスの習い事。
それが、そろばんだと思います。

一度、ご自宅付近のそろばん教室を探してみてはいかがでしょうか。

それでは、失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました